So-net無料ブログ作成

鼻呼吸が良いと思っていたら口呼吸も?花粉症が治るって南雲先生本当? [気になる先生]


いや、あまり素直に流行に乗らないことがあるため
読むのが遅れましたが、今やテレビでも大活躍^^
乳腺外科医の南雲吉則先生の著書、
『Dr.ナグモ式永遠の美バイブル 人生を変える一冊』を読み終わりました。

出版されてすぐ、南雲先生のブログで知り
気になっていた主に女性向けで書かれた書籍です。


南雲先生は医師だけに説得力のある話をされますが、
一日一食・・・・・・・なんてお腹がすきそうなのか
水シャワー・・・・・・冷やすと風呂上りにくしゃみと鼻水が出そうです

と、敬遠したいことを主張されている印象がありました。

それでも、忙しいと朝食から夕食までかなり時間があいてしまったりすることもありますが、
眠気も少ないとか、疲れはあるけれどすっきりするので
一日一食生活に少し興味はあります。
(南雲先生も空腹時にスーパーライスボールと仰ってますね)

水シャワーも、肘下とひざ下で試しましたが、
浴びた後に体が温まる感じはするものの、冷えるのが好ましくなくて続いていません。

ですが、かなり気になったのは
口呼吸で南雲先生の花粉症が治ったというエピソードです。

花粉濃縮液を皮内注射して慣れさせるという治療があるそうで
鼻から入った花粉は体がブロックしますが、
口から入ったものは体が取りこもうとするため
体が花粉に慣れる、というものなのです。(要旨としてまとめました)

南雲先生はコショウが鼻から入るとくしゃみが出るけれど
口から入ると取りこまれるので大丈夫、という体の例を挙げ
口で吸って鼻から吐く呼吸をしばらく続けて2年以上花粉症の症状が出ていないそうです。

私は花粉症ではないのですが、
腹式呼吸同様、うっかりすると呼吸が浅いまま
鼻中心に呼吸してしまうとは思うので、
口から吸って口から出すとか
口から吸って鼻から出すという呼吸も
意識的にたまにすると良いのかな、と思いました。

特に口呼吸を心がけるタイミングまでは言及されていないのですが、
年明けくらいから徐々に外出して気付いた時に少しずつ鼻呼吸しておくのも良いかもしれないですね。

腸内も善玉菌だけでは良くないと聞くし、
人間の体って不思議だな、と改めて思います。


共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。