So-net無料ブログ作成
クレンジング ブログトップ

朝クレンジングへの違和感? [クレンジング]

そういえば、朝からクレンジングをするって

違和感のある方が多いかもしれません。


かなり前に、
クレンジングを時々朝洗顔に使う目的を
はっきり決めていないにも関わらず、
気分で
「毛穴の汚れがもっと落ちそうだから♪」と、
洗顔感覚で使ったことがありました。


何だか、 べたべたする・・・・
というのが洗った後の感想です。


もちろん、
その後は二度洗いでした。


その当時は、まだしっかり時間をかけた
クレンジングに自覚が無く、
何となくクルクルとクレンジング剤を
肌になじませて使っていました。


ただ、鼻の毛穴の 黒いポツポツが、 酸化した油なんだ!!!

という事実に気付き、
その油の除去という意味で、

しっかりなじませて
使うようになってからは
肌の状態を見て、
クリームクレンジングを
使ったりしています。


本来、油分で肌についている
ファンデーションを落とすための
クレンジングですが、

今ある酸化した油分
落とすために
使う意識です。


もちろん、べたつきが
気になる方は、
さっと洗顔フォームで洗顔して
頂いて構いません。

落とし過ぎだけ要注意です^^

クレンジングの新常識になっていること [クレンジング]

クレンジングって、
「しっかり落とす」
ことが盛んに言われてきたと思います。

確かに、しっかりメイクも
その日の汚れも
しっかり落として眠る。

これは大切なことです。

ただ、清潔好きの日本人に多かったかもしれないですが、

落とし過ぎ

の人が増えてしまったかもしれません。

それに、クレンジング剤でも
しっかり落とせていたとしても、
洗顔料を使ってもらった方が
化粧品メーカーは
儲かりますよね。

そして、
しっかりとクレンジングの「作業」が
できていない
雑なクレンジングをしている場合
やはり
ダブル洗顔は有効でした。

私の記憶では、
佐伯チズ先生が、
美容家として知られるようになってからも
ダブル洗顔不要
繰り返し仰っていた
始まりの方のように
思います。

以前、ある化粧品メーカーに
質問コーナーがあったので
何となく
読んでいたところ

夜も洗顔しているのに、
朝も石鹸洗顔が必要ですか?

という質問がありました。

メーカーの回答は

寝ている間にも
顔に 埃 がついたりするので、
朝も石鹸や洗顔フォームの使用が望ましいです。

みたいな内容でした。

特に皮脂の低下する世代なら、
ぬるま湯の洗顔で十分だったりしますので、
上記の回答はベストなのか?

というと、個人差がある印象です。

その日の体調でも 洗顔は変えていいと思います。

そのくらい自分の肌を知って、
洗いすぎも
保湿もできると
肌が答えてくれると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

朝からクレンジングをする? [クレンジング]

よくある話かもしれないですが、
20代の頃は、化粧落としを寝る前にするのが
本当に面倒で・・・

適当なメイクオフを続けていました。

元々、テカリやすい肌だったし、
毛穴も目立つ方だったし、
この、肌を改善してくれる美容液は何かしら?

と、新作美容液に注目ばかりしていました。

さらに、
パウダーファンデーションよりも、
リキッドファンデーションの方が
カバー力が高いことに気付き、
重ね塗りに走ったりしていました。

ところがところが、、、、
じっくりとクレンジングをしてみた時、
???
と思うくらい毛穴の汚れが落ちた気がしたんです。

何をきっかけにじっくり落としたかって


ニコ動見ながらでした(笑)

ある動画を最後まで見たかったので、
乾いた手で使うタイプの
普段使いのクレンジングで
びっくりするほど毛穴が
キレイになりました。


そこで、、、
色々調べてみると、
あるんですね~

朝の洗顔にもクレンジングを使う方法を
紹介している人が。

どうしてメイクをしていないのに
朝のクレンジングなのか?


毛穴のつまり(黒いつまり)は、
皮膚表面の皮脂が酸化して
黒くなったものだそうです(怖い)

つまり、見えるところの酸化した(劣化した)油分を
オフしてあげることが必要なんです。

メイクみたいな油分を落とす時って
クレンジングしますよね?

時々、朝も皮脂汚れをしっかり落とすために
クレンジングすると良いのです。

普段のケアができていたり、
そもそも毛穴の目立たない人には
必要ないですが、
私には必要なケアでした^^
トラックバック(0) 
クレンジング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。